ドゥカティー S2R800

スポンサードリンク
ドゥカティーMonster(モンスター)の元祖とも言える、シンプルで適度なパワーを持った空冷エンジンを搭載したMonsterのエントリーモデルがS2R800。

適度とはいえエンジン(803cc)のパワーは77psを発揮しますから、ネイキッド本来の味からすれば十分なパワーだと思いますが、なんといっても一番特徴的なのは、急激なエンジンブレーキがかかった際の後輪のホッピング(跳ねること)を避けるために、APTCクラッチという独自の機構が採用されていること。

このAPTCクラッチはS2R800のみの装備で、クラッチ操作の軽さから女性ライダーにも扱いやすいのが特徴となっています。また車体各部のパーツを見直したことで、同一の車体構成となっているS2R1000より乾燥重量で5kg軽い173kgとなっていることも扱いやすさの大きなポイントです。

カラーリングは、レッド&ホワイトストライプ、ブラック&ホワイトストライプ、ブラック単色の3色を設定。因みにフレームは各々ボディーと同色、ホイールは3色ともブラックで、価格は113.9万となっています。
posted by Italian-red | モンスター(Monster)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。