ドゥカティー 1098S

スポンサードリンク
スーパーバイクのベーシックモデル1098をグレードアップして、走りに徹した仕様にしたのが1098S。

搭載するエンジンは排気量1,099ccの新型テスタストレッタ・エボルツィオーネ(最高出力160ps)で1098と同じですが、足回りで、前後にOHLINS(オーリンズ)のフルアジャスタブル・サスペンション、MARCHESINI(マルケジーニ)の鍛造アルミホイールを装備しているのが大きく異なる点。

それから、走行性能面ではありませんが、1098とは異なるのがDDA(ドゥカティー・データ・アナライザー)を標準装備(1098ではオプション)している点。サーキットランで役立つデータ(ラップタイム、エンジン回転数、スロットル開度、速度など)を蓄積し、PCで見ることができるようになっています。

他にも、テールカウルから覗くサイレンサーがブラック仕上げになっている点等、細かな点でも1098との差別化が図られていて、全身まさにレーシング・スピリットの塊!。

ボディカラーは、レッド、ミッドナイトブラックの2色で、価格は259万となっています。
posted by Italian-red | スーパーバイク(Super Bike)

ドゥカティー 1098

スポンサードリンク
ドゥカティーのスーパーバイク・ファミリーの中で、最もベーシックなモデルとなるのが、この1098。

もちろん、ベーシックモデルとは言っても、あくまでもスーパーバイクのスタンダードですから、通常の感覚からすれば十二分なパフォーマンスを発揮します。

1098が搭載する排気量1,099ccの新型テスタストレッタ・エボルツィオーネエンジンは最高出力160psで、従来モデルの999Rを10ps上回る仕様。足回りも前後にSHOWA(ショーワ)のフルアジャスタブル・サスペンションを奢り、強力なストッピングパワーを生み出すBREMBO(ブレンボ)のキャリパーを装備しています。

そして外観上で最も目を引くのが、ターブレンドという特種樹脂で作られたカウル類。新時代の幕を開けるスーパーバイクに相応しい素晴らしい質感に仕上がっていて、思わず見とれてしまう程です。

ボディカラーは、レッド、イエローの2色ですが、レッドの場合はフレームもレッドになり、イエローの場合はフレームがブラックになりますから好みが分かれるところ。価格は、209万となっています。
posted by Italian-red | スーパーバイク(Super Bike)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。