ドゥカティー Multistrada(ムルティストラーダ) 1100

スポンサードリンク
ドゥカティーの中で最も個性的なMultistrada(ムルティストラーダ)1100Sのスタンダード版が、この1100。

デザインは1100Sとまったく同一ですが、1100Sとの大きな違いは前後のサスペンションで、2006年モデルまでは前後共にSHOWA(ショーワ)製のフルアジャスタブルを装備していましたが、2007年モデルではフロントにマルゾッキ製、リアはザックス製のフルアジャスタブルに変更。

また1100Sではテーパータイプのハンドルが装備されているのに対し、1100ではオーソドックスなハンドルバータイプのハンドルが装備されている点や、フロントフェンダーやタイミングベルトカバーがプラスチック製(1100Sはカーボン製)になっていることなどが細かい相違点となっています。

装備に差があるとはいえ、走りの点においては1100Sと同じ心臓部を持っていますから、超高性能な足回りや装飾品類に強いこだわりのあるライダーでなければ、1100Sから26万も低く(136.9万)設定されている価格は、至極魅力的である言えるでしょう。

カラーリングは、レッドのみ(フレームもレッド)の設定となっています。

ドゥカティー Multistrada(ムルティストラーダ) 1100S

スポンサードリンク
ドゥカティーの数あるバイクの中で最も個性的で、走る道を選ばない機能性を備えたのがMultistrada(ムルティストラーダ)シリーズですが、そのハイグレードが1100S。

フロントマスクは、デザイン的に分割されたカウルとそこにはめ込まれた異型ヘッドライトで、甲虫類を彷彿させるイメージ。そこからカウルと一体感を持たせたタンクを経てリアへと続くラインは、このバイクにしかない独特の雰囲気を漂わせています。

名前から想像できる通り、デュアルパーパスとして生み出されたバイクですが、その心臓部には、他の並のデュアルパーパスとは比べ物にならない95psものハイパワーを発生する1,078ccのエンジンを採用し、165mmというホイールトラベルの長いOHLINS(オーリンズ)の倒立サスから成るフロントフォーク、同じくOHLINSのリモート式プリロードアジャスター付きフルアジャスタブルモノショックを装備したリアサスとの抜群の相性で、高い走破性を実現。

細かなところでは、フロントフェンダーやエンジン右側に付くタイミングベルトカバーにはカーボン製が奢られていて、特別感を引き立たせています。

カラーリングは、レッド、ブラック(各々、フレームも同色)の2色で、ホイールはどちらもブラックを設定。価格は、162.9万となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。